ヒップホップダンス(HIPHOP DANCE)とは?

初心者向けヒップホップダンスDVD比較サイト
トップページ ランキング1位 ランキング2位 ランキング3位 特典のご案内 お問い合わせ ダンスの悩み
 
ヒップホップダンスDVDランキング
 
初心者向けヒップホップダンスDVDを徹底比較 27日間ヒップホップダンス上達プログラム
27日間という最短で習得できるように構成されたヒップホップダンスDVD
 
初心者向けヒップホップダンスDVDを徹底比較 ヒップホップダンス指導革命
ダンス必修化対策として、中学生のダンス指導法に特化したヒップホップダンスDVD
 
初心者向けヒップホップダンスDVDを徹底比較 賢いお母さんにだけ選ばれる!KOTAのキッズダンス
ダンス未経験の内気な子供でも23日でダンスの基本をマスターできる、ジャズヒップホップダンスDVD
 
 
ヒップホップダンスDVD購入者特典
 
 
ヒップホップダンスDVD
 
ヒップホップダンスの基礎知識
 
ヒップホップダンスをもっと知ろう!
 
ダンスの豆知識
 
ダンスの練習方法
 
効率の良い練習方法
 
キッズダンス上達法
 
ダンサーになるには
 
ダンスの悩み
 
サイトマップ
 
ダンススクール検索
 
当サイトの管理人
 
管理人のプロフィール
 
 
特定商取引法の表記
 
特定商取引法の表記
 
 
お問い合わせ
 
お問い合わせはこちら
 
 
トップページ > ヒップホップダンス(HIPHOP DANCE)とは?
 

ヒップホップダンス(HIPHOP DANCE)とは?

ヒップホップダンスとは?

1970年代後半に、アメリカ、ニューヨークで生まれたとされる、ヒップホップダンス。
どういったダンスかと聞かれたときに、説明するのがもっとも難しいジャンルの1つです。
時代によって、色々なダンススタイル が存在します。


ヒップホップダンスの理解を深めるために、まずは、カルチャー(文化) としての、ヒップホップを勉強してみましょう。

ヒップホップとは、1970年代後半に、アメリカ、ニューヨークで生まれたブラックカルチャーのことで、 4つの要素である、ラップ、DJ、グラフィティ、ダンスから成り立ちます。


でも、ここで注意してほしい点があります。
ここで説明している、4つの要素である、ダンスは、ヒップホップダンスの事ではなく、ブレイクダンスのことを指しています。

では、今言われている、ヒップホップダンスはどうやって生まれたのかというと、前述のブレイクダンスはもちろん、それまでにあったソウルダンス、ポップダンスなど、色々なダンスの影響を受けて生まれた と言っても過言ではありません。

また、ヒップホップダンス誕生後も、レゲエダンス、ジャズダンス、R&Bなど、さまざまなダンスの要素を取り入れたスタイルが生まれ、今もなお進化を続けています。


このように、ヒップホップダンスには、さまざまなスタイルがあり、時代によってもスタイルは分類されています。

1970年代〜1980年代前半は「オールドスクール」
1980年代後半〜1990年代前半は「ミドルスクール」
1990年代後半〜現在は「ニュースクール」と呼ばれています。


一般的には、ヒップホップ文化から発生したダンスである、ブレイクダンス、ポップダンス、ロックダンスといったジャンルが、オールドスクールとされています。ここで、ニュースクールと呼ばれているものが、世間一般で言われている、ヒップホップダンスでしょう。

その中間を、ミドルスクールとも呼ばれていますが、これは日本人独自の分け方で、海外では、ニュースクールか、オールドスクールで、分けることが多いです。


ヒップホップダンスの、代表的なステップとして、ランニングマン、ロジャーラビット、ロボコップ、ブルックリン、トゥループ等があります。 ヒップホップダンスを長くやっている人であれば、知らない人はいないであろう、ステップ達です。


現在のダンスシーンでは、ブレイクダンスはブレイク、ブレイキン、ビーボーイング等と呼ばれる事が多く、 ヒップホップダンスと呼ばれているダンスは、ブレイクダンスでない、いわゆる、ヒップホップダンス(立ち踊り)を指す ことが多いです。

この理由としては、音楽の変化や、ミュージックビデオ等の影響があると思います。
ミュージックビデオ等で、次々と紹介されるブレイクダンスでない、新しく生まれるダンスが流行して、 ヒップホップのダンス=立ち踊りという、解釈の仕方になったと考えられます。

頭や、背中で回ったりするブレイクダンスと、その後に誕生した、ヒップホップダンスとを区別する為に、呼び分けているとも考えられます。


ヒップホップダンスについて

ヒップホップダンスについて

もともと、ヒップホップダンスは、ステージや、舞台で、人に見せるダンスと言うよりかは、男女ペアになって踊ったり、その時の流行りの曲によって、決まったステップがあったり、 ディスコダンスや、ソウルダンスのような、パーティーダンスの要素が強いダンス だと思います。

ですので、ヒップホップダンスのステップなどを覚えて楽しむ時に、絶対に、こうでなければいけないと言う決まりや、正しいも間違っているもなく、誰でも楽しめるものです。


ただ、ダンサーなどの表現者としてよりカッコよく踊るためには、もともと、どのようにして、そのステップが生まれたか等を勉強したり、このステップには、こう言う意味があるんだなと知ったり、 このステップは、こうした方がもっと、カッコよく見えるかなー? とダンス自体を、創造していく事も大切なことです。


ヒップホップダンスを簡単に説明すると、ヒップホップの音楽、曲、ビートに乗って踊るダンスの事 と言えます。

でも、ヒップホップの音楽以外で踊る事もありますし、ブレイクダンスはもちろん、ポップダンスや、ロックダンス、レゲエダンス、アフリカンダンス、タップダンス等の、色々なダンスの要素が混じり合い、日々変化しています。


関連記事

ヒップホップの歴史
ヒップホップダンスのおすすめポイント
ヒップホップダンスの種類
ヒップホップダンスのシューズ選び
ダンスから得られるもの


おすすめ!人気記事

ヒップホップダンスのシューズ選び
 
ダンスのリズム感を鍛える
 
ダンスのリズム感を鍛える
 
ダンス振り付けの覚え方
 

ヒップホップダンスのアイソレーション解説
 
27日間ヒップホップダンス上達プログラムの評価レビュー
 
ダンスの上達が早い人の共通点
 
ダンスセンスを磨くには
 



Copyright © 初心者向けヒップホップダンスDVD比較サイト All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座