ヒップホップダンスのアップ&ダウンの取り方

初心者向けヒップホップダンスDVD比較サイト
トップページ ランキング1位 ランキング2位 ランキング3位 特典のご案内 お問い合わせ ダンスの悩み
 
ヒップホップダンスDVDランキング
 
初心者向けヒップホップダンスDVDを徹底比較 27日間ヒップホップダンス上達プログラム
27日間という最短で習得できるように構成されたヒップホップダンスDVD
 
初心者向けヒップホップダンスDVDを徹底比較 ヒップホップダンス指導革命
ダンス必修化対策として、中学生のダンス指導法に特化したヒップホップダンスDVD
 
初心者向けヒップホップダンスDVDを徹底比較 賢いお母さんにだけ選ばれる!KOTAのキッズダンス
ダンス未経験の内気な子供でも23日でダンスの基本をマスターできる、ジャズヒップホップダンスDVD
 
 
ヒップホップダンスDVD購入者特典
 
 
ヒップホップダンスDVD
 
ヒップホップダンスの基礎知識
 
ヒップホップダンスをもっと知ろう!
 
ダンスの豆知識
 
ダンスの練習方法
 
効率の良い練習方法
 
キッズダンス上達法
 
ダンサーになるには
 
ダンスの悩み
 
サイトマップ
 
ダンススクール検索
 
当サイトの管理人
 
管理人のプロフィール
 
 
特定商取引法の表記
 
特定商取引法の表記
 
 
お問い合わせ
 
お問い合わせはこちら
 
 
トップページ > ヒップホップダンスのアップ&ダウンの取り方
 

アップ&ダウン

アップ&ダウン

ここでは、ヒップホップダンスに、必要不可欠な、アップ&ダウンのリズムの取り方を解説
していきたいと思います。

アップ&ダウンのリズムを、しっかりと理解しておかないと、ヒップホップダンスのステップが上手くできないので、しっかりと覚えましょう。


ダウンのリズム

足を肩幅ぐらいに開いて、ダンスリズム(音)の オンカウントに合わせて、軽く体を沈めるようにリズムを取っていきましょう。

オンカウントが分からない方は、以下のページで解説していますので、
1度、目を通して見てください。

リズム感を鍛える

特に注意するポイントを解説していきたいと思います。



・頭・胸・腰・膝の連動

ダウンのリズムを取る時に、膝だけが動いてしまって、それ以外の場所(頭・胸・腰)が動いていないことがあります。これでは、動きが硬く見えてしまい、膝にも大きな負担がかかります。

頭・胸・腰・膝のすべてを自然に連動させて、リラックスした状態で体を沈めていきましょう。



・膝を前に出さずにお尻を真下に沈めるように動く

体を下に沈めた時に、膝を前に出すと、体が後ろに傾いてしまいます。
膝を前に出すのではなく、お尻をまっすぐ落とすように、下に沈んでいきましょう。



・膝に無理な力を入れないでやさしく動く

ダウンした際に、膝に力が入りすぎないように注意しましょう。
基本はリラックスなので、上がる時と、下がる時を同じスピードなるように、やさしく動きましょう。



・腕も自分なりに動かす

ダウン、アップのリズムを取った時に、腕が完全に止まってしまう事があります。
自分なりで良いので、腕が止まらないよう、体と一緒に動かしましょう。


体幹(頭・胸・腰・膝)の連動について

リラックスした状態で立って、鼻で静かに深呼吸しましょう。
鼻で息を吸うと、自然に胸が張り、それにあわせて頭も上がり、腰も後ろに反ります。

逆に、息を吐くと、胸は内側に凹み、頭も下がって、腰も前に出ます。

力で強引に動かすのではなく、自然な動きをダウンのリズムに取り入れて いきます。


頭と胸の付け方について

ダウンのリズムを取りながら、頭と胸も動かす練習 をしましょう。

・ダウンのリズムを取りながら、頭を前に出します(鳩をイメージして)
・ダウンのリズムを取りながら、頭を後ろに引きます(何かに頭をぶつけるイメージで)
・ダウンのリズムを取りながら、頭を下に落とします(うなずきましょう)
・ダウンのリズムを取りながら、頭を上に上げます(背中に頭を引っ付けるイメージで)

・ダウンのリズムを取りながら、胸を前に出します(胸を斜め上に張りましょう)
・ダウンのリズムを取りながら、胸を後ろに凹ませます(誰かにみぞおちを押されているイメージ)


腕の付け方について

両腕を体の側面に添えて立ちます。両手の親指の内側が、軽く体に触れる感じです。
体を沈めていく時に、肘を曲げながら、拳を引き上げていきましょう。
自分の体が下に沈んで、拳の位置が上がるイメージ です。


アップのリズム

アップのリズムは、簡単に説明すると、ダウンのリズムの逆 になります。
大切なポイントとしては、始まる時の体のポジションが違うという事です。

ダウンのリズムでは、立った位置が、始まりの位置ですが、アップのリズムでは、軽く膝を曲げて沈んだ状態が、始まりの位置になります。

ダウンのリズムは立った位置から体を沈めるだけなので、比較的簡単ですが、アップのリズムは、再び軽く膝を曲げて沈んだ状態の戻さなければいけないので、ダンス初心者の方が、最初につまずくポイント でもあります。

ただ、繰り返し練習すれば、必ずできるようになりますので、根気よく練習していきましょう。


関連記事

基本から学べるDVD
独学で練習する
上達のコツ
イメージトレーニング
キッズダンス上達のコツ
ダンス振り付けの覚え方
ダンス振り付けのコツ
リズム感を鍛える
アイソレーション
ダンスの上達が遅い人
ダンスの上達が早い人
自分らしさを出すコツ
ダンスの幅を広げる
ダンスセンスを磨くには
初心者が意識するダンス上達法
ダンスのオーラの出し方
ダンスの基本的な音楽を理解する
ダンスは見た目も大切
ダンス踊る時の表情
即興でダンスが踊れるようになる方法


おすすめ!人気記事

ヒップホップダンスのシューズ選び
 
ダンスのリズム感を鍛える
 
ダンスのリズム感を鍛える
 
ダンス振り付けの覚え方
 

ヒップホップダンスのアイソレーション解説
 
27日間ヒップホップダンス上達プログラムの評価レビュー
 
ダンスの上達が早い人の共通点
 
ダンスセンスを磨くには
 



Copyright © 初心者向けヒップホップダンスDVD比較サイト All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座